ストリートカルチャーの影響を受けた最新のファッショントレンドを紹介し、その魅力に迫ります。

ロレックス購入のひとつの手段としていろいろと自分なりに調べながら、どうやったら一番得なのかをあれこれと思案する。

今回はロレックス 偽物の購入方法について触れてみたいと思う。筆者が刊行する高級時計の専門誌「パワーウオッチ」において、1年半ほど前になるがロレックスがかなり高騰した時期に“ロレックス初心者購入マニュアル”と題して分割支払いなどについて10ページの特集を組んだことがあったのだが、これが意外にも読者から好評だった。

確かに、お金に余裕がある人は別にして、一般的なサラリーマンの年収だと、正直なところロレックスのいまの実勢価格では、おいそれと手を出せるレベルにはない。だからと言って時間をかけて貯金をしてお金が貯まってから買おうということも、確かに以前は考えられただろうが、さすがにいまの売価の変動の速さではかなり難しいのが正直なところだ。

新世代 ロレックス スーパーコピー サブマリーナーデイト 126610LN

2023年発表の新世代モデル【126610LN オイスターパーペチュアル サブマリーナーデイト】。
ケースサイズを1mmアップの41mmに設定し、逆回転防止ベゼルには耐久性に優れたセラクロムベゼルインサートを備えます。また、前モデルのがっしりとしたラグは、強靭性は残したままスマートなデザインに変更されました。
インデックスと針に塗布されたクロマライト・ディスプレイは、暗闇の深海においても高い視認性が確保されます。
ムーブメントには耐衝撃性に優れたブルーパラクロム・ヘアスプリングを備えた70時間パワーリザーブの自社製自動巻きキャリバー3235を搭載します。

そうなると購入手段として手っ取り早いのはやはりクレジットカードかショッピングローンということになる。特にショッピングローンについては、ロレックスのような高額なものであればあるほど案外メリットは少なくないようだ。

すでにご存じの人も多いと思うが、並行輸入店ではローン会社と提携してこの無金利のショッピングローンを積極的に導入しているところが意外に多い。しかも最長60回払いまで無金利で利用できるところもあるなどかなりメリットは大きい。年末商戦期やボーナス期など限定的なものと思っていたのだが、調べてみたところ「2年前から継続してやっている」とうショップもなかにはあったほどだ。ただ常にやっているというものではないらしい。

ロレックスの場合は元々が安い金額ではないため、数パーセントの金利といえど支払い回数が多いとけっこう馬鹿にならないのである。無金利とは、この金利(ローン会社への分割手数料)分をショップが負担してくれるというものだ。そのため支払額は60回であれば販売価格を回数で割った金額になるためわかりやすい。

しかも頭金やボーナス払いを併用したりと月々の支払額を調整することもできるなど、長く愛用することを前提とするならば、月々の支払いが抑えられるうえに、その分のお金を他のものに回すことだってできるというわけだ。

なお、ショップ側が手数料を負担するぶん当然対象商品に制約がある場合も出てくる。中古や未使用品はOKだが新品のロレックスはダメというところもあれば、人気のスポーツモデルだけがNGというところもあるし、人気モデルもOKというお店もあるなど、ショップによってもその時の状況によっても違ってくるらしい。そのあたりは欲しいモデルがあるのであれば事前に確認したほうがいいだろう。

いずれにしても、月々の出費を抑えながら欲しかったロレックスを手に入れることができる無金利ショッピングローン。購入のひとつの手段としていろいろと自分なりに調べながら、どうやったら一番得なのかをあれこれと思案する。こういったプロセスも購入者にとっては買う楽しみのひとつと言えるのではないだろうか。

One thought on “ロレックス購入のひとつの手段としていろいろと自分なりに調べながら、どうやったら一番得なのかをあれこれと思案する。

ヒップホップスター愛用の時計
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
タグ